February
29
Thursday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

7°C Rain
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > ボクシング・ビート10月号、好評発売中!

ボクシング・ビート10月号、好評発売中!

2015年9月15日 13時21分

 ボクシング・ビート最新10月号が15日、全国の書店にて発売となりました。表紙は山中慎介を筆頭に井岡一翔、高山勝成と9月の世界戦に出場するチャンピオンたち。近づく彼らの防衛戦をプレビューしています。

 巻頭の山中×アンセルモ・モレノ戦は、本人のインタビューとモレノの近況に加え、具志堅用高さんの話も掲載。山中と同タイプの、サウスポーのKOキングとしてチャンピオンに君臨した具志堅さんは13度防衛のうち4度、パナマの挑戦者を撃退しています。同様に高山×原隆二戦に関しては、対抗団体のWBOチャンピオン田中恒成に話を聞きました。高山と原、2人をよく知る田中が試合を斬ります。展望では海外のゲンナジー・ゴロフキン、ローマン・ゴンサレスの「必殺KO戦」の行方も占っています。

 カラー頁はインタビューも充実。発表されたばかりの三浦隆司のラスベガス防衛戦、そして久しぶりに来日したWBCライト級王者ホルヘ・リナレスにもじっくり尋ねました。

 ほか特集は「村田諒太が語るアマ時代のライバルたち」はじめ「チャンピオンの息子たち 彼らは偉大な父を超えられるか」「いきのいいファイトで売り出すこの男たちに注目」など。村田がアマ時代に戦った世界のライバルたちについては意外な感想が聞けたりして興味深い内容となっています。

 試合リポートは、海外では亀田和毅、レオ・サンタクルス、マルコ・フック戦。国内は竹中良、伊藤雅雪、細野悟、フアン・ランダエタ戦などをグラビアで扱っています。

 読みごたえ十分のボクシング・ビートを今月もお楽しみください! ボクシング・ビート編集部一同

ボクシングビート10月号主な内容
■試合リポート
海外…亀田-マクドネル再戦/フック-グロワスキ戦/サンタクルス-マレス戦/クアドゥラス防衛戦
国内…細野・八重樫・松本戦/竹中・伊藤・小原戦/中谷-村田戦/柴田-秋山戦/中澤-小竹戦
■インタビュー
三浦隆司/ホルヘ・リナレス/飯田覚士の直撃トーク「小関桃」
■特集
村田が語るアマ時代のライバルたち/チャンピオンの息子たち/ゴロフキン-レミュー、ゴンサレス-ビロリア「豪打・強打のパンチャーばかりがそろった必殺KO戦を占う」/いきのいいファイトで売り出す「この男たち」に注目/海外読物「48勝無敗で2KO! クエンカは“南米の神秘”か!?」
■連載
ニューフェイス[有川稔男]/ピープル(吉野修一郎、本田秀伸さん)/浜田剛史の世界トップ選手ウォッチ[デビッド・レミュー]
■アマチュアリング
アジア選手権大会/女子アジア選手権大会/ルポ「日章学園の強さの秘密を探る」

Related article
関連記事