June
20
Thursday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

28°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 内藤×亀田予備検診 同席せず

内藤×亀田予備検診 同席せず

2009年11月24日 21時13分

 内藤×亀田のWBC世界フライ級タイトル戦を5日後に控えた24日、両選手の予備検診が後楽園ホールと同じビル内で行われた。内藤は、体温36.7度、血圧106~71、脈拍44。対して亀田は36.4度、123~77、40。前川武雄コミッションドクターが「両選手とも異常なし」と診断した。
 通常は両者同席しての検診となるが、この日は「(対戦相手と)あまり試合前に会うのも緊張感がなくなり、ええことない」(亀田)ということから、最初に内藤、続いて亀田と別々に時差をつけての検診となった。内藤は慎重を期して会見でもマスクを外さず、それでもこの時期にしては舌の方は滑らか。減量がいつになく順調であることを明らかにした上で、「歳とって落ちる一方といわれるけど、僕は衰えてないと思ってるから。走り込みにしても前より上がっている」と強気。報道陣から「チャンピオン有利の声があるが」という質問が上がると、「ま、あまり気にしない」といいつつも、「有利と言われるのは自然の流れ」と余裕のコメントをしてみせた。「決して油断はしません」とフォローを忘れなかったが……。
 一方の亀田は、「プレッシャーは感じるか」との質問には「そういうのは慣れてるから」と、時折笑顔をみせて余裕をアピールした。体重に対する質問には「あと10キロ」と笑わせてはぐらかした。そして「あとはリングの上で結果を出すだけやから」
 同時に行われた測定では、身長、胸囲、視力まで挑戦者が上回る結果となったが、リーチはチャンピオンが5センチ以上も上回った。これを見て亀田は「リーチは試合にあまり関係ない」といいながらも、「俺、フライ級では大きいのと違う」とまんざらでもなさそうだった。 写真はドクターの検診を受ける亀田。
◇両選手の体格比較
    王者・内藤大助  挑戦者・亀田興毅
身長   163.2cm       165.8cm
リーチ  173.8cm       168.0cm
頚周    36.0cm       37.0cm
胸囲    83.6cm       95.0cm
胸厚    19.5cm       22.0cm
拳周 右26.8cm 左26.6cm  右25.0cm 左24.8cm
視力   右0.9 左1.0     右2.0 左1.5 
Related article
関連記事