February
22
Thursday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

4°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > ロマゴンが河野公平をターゲット!?

ロマゴンが河野公平をターゲット!?

2016年2月1日 16時20分

■WBC世界フライ級王者のローマン・ゴンサレス(ニカラグア=写真右)が「4階級制覇はWBAでしたい。115ポンド(S・フライ級)の河野公平(写真左)と戦いたい」と発言。WBAのヒルベルト・メンドサJr会長も「WBAは彼のホームだ。歓迎する」と応じている。ボクシングシーンが報じた。軽量級最強のゴンサレスは3月か4月に防衛戦をして、その後はS・フライ級にクラスを上げると示唆しており、先日はWBC王者カルロス・クアドラス(メキシコ)の名前を挙げた。ゴンサレスはWBO同級王者の井上尚弥(大橋)との対戦がよく話題に上るが、まずは河野戦が実現する!?

■トップランク社のボブ・アラムCEOは30日の上海興行で勝利した五輪2大会金メダルのゾウ・シミン(中)について「春にトップ選手ともう一度テストをして、それをクリアすれば、今年中に世界挑戦させる」と発言。ゾウは昨年3月、プロ7戦目でIBF世界フライ級王者アムナット・ルエンロエン(タイ)に挑戦して判定負け。30日に無敗のブラジル選手を下して再起に成功した。

■WBO世界ウェルター級1位サダム・アリ(米)と同級4位ジェシー・バルガス(米)のランカー対決が3月5日、ワシントンDCにセットされた。このクラスは4月9日に王者ティモシー・ブラッドリー(米)とマニー・パッキャオ(比)が対戦。引退を公言しているパッキャオが勝てば王座が空位となる可能性が高い。

Related article
関連記事