日本語

Home > ニュース > 嶋田60.05、モーゼス60.7! 明日ナミビアで世界戦
ニュース

2009年7月25日 土曜日

嶋田60.05、モーゼス60.7! 明日ナミビアで世界戦

 WBA世界ライト級タイトル戦の計量が現地時間23日、ナミビアのウィンドフック・カントリークラブ・カジノ&リゾートで行われ、両選手が一発でクリアした。
 チャンピオン、パウルス・モーゼス(ナミビア)は60.7キロ、挑戦者の嶋田雄大(ヨネクラ)が60.05キロ。ともにリミットを下回ったが、これは電子体重計による計量だったことも影響した。嶋田は「(電子体重計の)可能性もあると聞いていたので、多めに落としました。ただしコンディショニングに影響はありません」とキッパリ。
 計量後は日本から持参したサムゲタンを採り、英気を養った。今回奪取なれば37歳11ヶ月の長寿記録が誕生するが「やればできるということを他競技の人にも伝えられれば。これはすてきなことだと思う」と静かに決意表明。兄の太造さんはじめ日本からは5人のサポーターが遠くアフリカ大陸に応援に駆けつけた。「あとは自分のボクシングをできれば」と嶋田。運命のゴングは明日午後11時——。

Related

関連記事