February
22
Thursday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

4°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 高野人母美の6.6再起戦は中止、金平会長が決断

高野人母美の6.6再起戦は中止、金平会長が決断

2016年5月19日 0時19分

 18日の記者会見で引退を表明した“モデルボクサー”の高野人母美(協栄=写真)について、所属の協栄ジム、金平桂一郎会長は6月6日に予定されていた高野の試合を中心すると決断した。

 高野は会見で6月6日のノンタイトル戦を最後にボクシングから引退すると発言。これは金平会長をはじめ、関係者に相談がなかったもので、出張先の海外で知らせを受けた金平会長は「本人にいろいろな思いはあると思うが、そういう選手をリングに上げるわけにはいかない」と話し、6月6日の興行に高野を出場させない方針を示した。

 高野は18日の会見で「自分がやりたくて(ボクシングを)やってきたけど、それが違う方向になってきた」なとど引退の理由を説明していた。金平会長は来週帰国する予定で、高野と話をして詳しく事情を聞くとのこと。高野は昨年11月の世界初挑戦に敗退。6月が再起戦になる予定だった。

Related article
関連記事