2016年7月13日水曜日

6月度OPBFランキング、12日の試合でリング事故

■OPBFが6月度ランキングを更新した。井上拓真(大橋)が王座を返上したS・フライ級は、暫定王者レネ・ダッケル(比)が正規王者に昇格。ダッケルは8月2日、沖縄県立武道館で1位にランクされた翁長吾央(大橋)の挑戦を受けることが決まっている。ミドル級は6月7日に西田光(川崎新田)を下したドゥワイト・リッチー(豪)が新王者に。フライ級は7月2日に比嘉大吾(白井・具志堅S)がアーデン・ディアレ(比)をKOして新王者となったが、今回のランキングにはまだ反映されていない。

■12日後楽園ホールで行われたライト級8回戦に出場した島倉裕矢(21=岐阜ヨコゼキ)が試合後、病院に搬送され、右急性硬膜下血腫により開頭手術を受けた。JBCによると手術は成功し、容体は今のところ安定しているとのこと。島倉は正木脩也(帝拳)と対戦し、劣勢の内容ながら最後まで粘り抜いて判定負けしていた。