2016年10月10日月曜日

いわて国体 森坂嵐がL級で連覇、女子は和田まどかV

 第71回国民体育大会「2016希望郷いわて国体」のボクシング競技は10日、奥州市水沢体育館で最終日を迎え、成年男子、少年男子、成年女子でそれぞれ優勝者が決まった。今大会から正式競技に採用された女子はフライ級1階級で実施され、和田まどか(奈良・芦屋大)が優勝を飾った。

 成年男子はバンタム級でリオデジャネイロ五輪に出場した森坂嵐(奈良・東農大)がライト級連覇を達成。フライ級の林田翔太(和歌山・和歌山県庁)も2年連続で優勝を飾った。少年男子はバンタム級の今永虎雅(奈良・王寺工高)、ライト級の齋藤麗王(宮崎・日章学園高)、L・ウェルター級の荒本一成(奈良・王寺工高)が連覇達成。齋藤は高校6冠目、2年生の今永と荒本は高校5冠目を獲得した。

 団体戦績は男子が1位奈良、2位熊本、3位宮崎、4位岩手、5位京都、6位東京、7位新潟、8位福岡。女子が1位奈良、2位広島、3位岩手、大阪、5位宮城、東京、香川、熊本。決勝の結果は以下の通り。

◇成年男子
LF級 坪井智也(静岡・日大)判定 杉山広将(岐阜・駒大)
F級 林田翔太(和歌山・和歌山県庁)判定 星和也(岩手・東洋大)
B級 中野幹士(東京・東農大)判定 嶋田達希(京都・同大)
L級 森坂嵐(奈良・東農大)判定 木村蓮太朗(静岡・東洋大)
LW級 沖島輝(福岡・駒大)判定 中原隆太郎(埼玉・法大)
W級 金城大明(沖縄・自衛隊)判定 浦嶋将之(熊本・拓大)
M級 高橋諒(愛媛・愛媛県競技力向上対策本部)判定 梅村錬(岩手・拓大)
LH級 高倉久生(栃木・日大)判定 宮内良(千葉・東洋大)

◇成年女子
F級 和田まどか(奈良・芦屋大)判定 新本亜也(広島・美づ葉)

◇少年男子
P級 重岡銀次朗(熊本・開新高)判定 田中湧也(福岡・博多高)
LF級 小川達也(鳥取・境港総合技術高)判定 坂本達也(青森・青森山田高)
F級 中垣龍汰朗(宮崎・日章学園高)判定 川副悠河(鳥取・境港総合技術高)
B級 今永虎雅(奈良・王寺工高)判定 井上彪(宮崎・日章学園高)
L級 齋藤麗王(宮崎・日章学園高)判定 森下心一朗(京都・京都学園高)
LW級 荒本一成(奈良・王寺工高)TKO3回1分50秒 佐々木光大(新潟・新潟向陽高)
W級 黒柳禅(栃木・作新学院高)判定 石灘隆哉(愛知・享栄高)
M級 根本拳太(千葉・沼南高)判定 吉野健吾(宮崎・日章学園)