2016年11月15日火曜日

元世界王者・石田順裕氏のクラブがプロ加盟

 大阪府寝屋川市でアマチュアの「寝屋川石田ボクシングクラブ」を開設している元WBA・S・ウェルター級暫定王者の石田順裕氏(41)は15日、今月8日付けで日本プロボクシング協会に加盟したと発表した。

 小、中学校時代を寝屋川市で送った石田氏はプロ引退後の昨年8月にアマジムを開いた。キッズや、若者を指導するうちに、「現役を15年やってきて、みなさんに応援してもらった恩返しをしたいので、世界に通用するプロボクサーを育てたい」とプロ協会加盟を決めた。

 京阪電車寝屋川市駅すぐ近くのビル7階にあるジムは約400平米と広く、6メートル四方のリング、サンドバッグ8本、トレーニング器機などが完備されており、現在キッズ13人を含めて150人が練習。石田氏と金沢ジム、グリーンツダジムの後輩の元A級ボクサー、佐々木佳浩マネージャー(35)ら4人のスタッフが指導している。

 現在プロ志望者は5人。1人は12月初めのプロテストを受験、クラブのプロ第1号を目指している。また、体重115キロの会社員、小林憂也さん(28)は石田さんが挑戦したヘビー級王者を目指しており、石田さんは「どんどん鍛えて、大阪場所がある来春には寝屋川市出身の大関・豪栄道が所属する境川部屋に出稽古に行き、厳しさを味わってもらう」と仰天プランも明かした。

 石田さんは「現役時代に米国で練習して、戦ったのが一番印象に残っている。名前をジムではなくクラブにしたのは、修業するイメージのボクシング道場ではなく、フレンドリーな米国のボクシングクラブのいいところを取り入れたいからで、できるだけ早く米国のリングに立つ選手を育てたい」と意気込みを語った。 「寝屋川石田ボクシングクラブ」は寝屋川市桜木町5-3、平田ビル7階
電話 072-803-8663
HP http://www.neyagawa-boxing.com/