2016年11月16日水曜日

岩佐亮佑が米国入り、S・ミドル級統一戦はNY開催

■米コネチカット州マシャンタケットのフォックスウッズリゾートで行われるIBF世界S・バンタム級挑戦者決定戦に臨む同級3位の岩佐亮佑(セレス)が15日現地入り。ホテル内のジムで軽くトレーニングをした岩佐は「日本から飛行機に13時間乗って、ちょっと足が重いけど、ホテルのジャグジー、ジムの環境に満足しています。あと4日、最終調整してがんばります!」と元気にコメント。同級6位ルイス・ロサ(米)との一戦は19日(日本時間20日)ゴング。

■来年1月14日予定されるS・ミドル級統一戦、WBC王者バドゥ・ジャック(スウェーデン)とIBF王者ジェームズ・デゲール(英)の試合会場がニューヨーク・ブルックリンのバークレイズ・センターに決まった。現地時間明日16日プレゼンが行われる。セミ格でIBF世界S・フェザー級王者ホセ・ペドラサ(プエルトリコ)がメイウェザー・プロモーションの王者候補ジェルボンテ・デービス(米)の挑戦を受ける。

■明日16日ハイチのカリベ・ホテルで挙行されるWBAフェデカリベ・ライト級戦の計量が行われ、王者エバンス・ピエール(ハイチ)、挑戦者フアン・カルロス・サルガド(メキシコ)ともリミット135ポンド(61.23キロ)で合格。ホルヘ・リナレス(帝拳)、内山高志(ワタナベ)、粟生隆寛(帝拳)と戦ったサルガド(31)は5連敗から抜け出せるか?

■現在、薬物依存症などの治療中の前ヘビー級統一王者タイソン・フューリー(英)のいとこ、ヒューイー・フューリー(英=WBO5 位)がWBCヘビー級王者デオンタイ・ワイルダー(米)へ挑戦を望んでいる。フューリー(22=20勝10KO無敗)は来年3月か4月ごろ復帰予定のワイルダーを「彼のビッグパンチに私は耐えられる。アゴも私の方が強い。ぜひ次回防衛戦の相手を務めたい」と英国メディアに意気込みを語っている。


-->