0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2017年2月28日火曜日

大平剛があすタイでWBAミニマム級王座挑戦

 3月1日タイのチョンブリーで開催されるWBA世界ミニマム級タイトルマッチの前日計量が28日、現地で行われた。チャンピオンのノックアウト・CPフレッシュマート(タイ)がリミットの47.6キロ、挑戦者15位の大平剛(花形)が47.2キロで一発クリアした。

 これがタイで3度目の試合となる大平は兄淳さんと1週間前にタイに入り、首都バンコクで調整を重ねてチョンブリーに到着。計量前には花形進会長も合流して臨戦態勢が整った。

 日本人選手のタイでの世界戦(暫定を除く)は通算21敗1分。今回も厳しい状況が予想されるが、大平は「もちろん、それを変えたいというのはある。ただ、自分としては世界チャンピオンなることを目標にしてやってきたので、とにかく勝ってチャンピオンになることに集中したい」ときっぱり。自身3度目の世界挑戦とあって「3度目の正直で集大成を見せる」と意気込みを口にした。

 王者ノックアウトは暫定王者から正規王者に昇格して2度目の防衛戦。昨年12月には小野心(ワタナベ)に判定勝ちしている。戦績は14勝6KO無敗。大平は13勝1KO5敗3分。