May
25
Saturday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

19°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 近藤明広「必ずベルトを持ち帰る」NYで決意表明

近藤明広「必ずベルトを持ち帰る」NYで決意表明

2017年11月3日 11時44分

 ニューヨークで世界タイトル奪取を目指す近藤明広(一力)が現地時間2日、記者会見に臨み、試合への意気込みを語った。近藤が出場するIBF世界S・ライト級王座決定戦はバークレイズ・センターで4日(日本時間5日)ゴングとなる。

会見にはドン・キング氏も登場、近藤(右)は勝利を誓った

 IBF同級3位の近藤は記者会見で、王座を争う同級1位セルゲイ・リピネッツ(ロシア)とフェイスオフを披露。ニューヨークで世界タイトル奪取という快挙に向け「必ずベルトを持って帰りたい」と意気込みを語った。

 世界初挑戦の近藤は32歳。高校時代にインターハイで準優勝するなど、アマチュアを含めると18年のボクシングキャリアを誇る。リピネッツは元キックボクシング王者でパワフルなパンチの持ち主だが、やや雑なところもあり、隙は十分ありそう。近藤は得意のジャブとフットワークを駆使した正統派スタイルで勝利をもぎ取るつもりだ。

 イベントはプレミア・ボクシング・チャンピオンズ。メインイベントのWBC世界ヘビー級タイトルマッチ、王者デオンタイ・ワイルダー(米)vs挑戦者バーメイン・スタイバーン(ハイチ=カナダ)、セミの元IBF世界ウェルター級王者ショーン・ポーター(米)vsアドリアン・グラナドス(米)、そして近藤の世界戦の3試合がショータイムで全米に放映される。日本ではWOWOWメンバーズオンデマンドで5日午前10時からライブ配信される。Photo/BoxingScene.com

Related article
関連記事