April
15
Monday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

24°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 山中慎介「悪いところを徹底的に直している」

山中慎介「悪いところを徹底的に直している」

2017年11月21日 22時48分

 前WBC世界バンタム級チャンピオンの山中慎介(帝拳)が21日、都内で開かれたトム・クルーズ主演映画『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』ブルーレイ&DVD発売記念イベントにゲストとして出席した。

ネリへのリベンジに燃える山中もこの日は笑顔

 現役続行を正式に宣言して「こういうイベントに出るのも気持ちが違う」とのびのびした表情の山中。イベントではプレゼンターを務め、トークショーも披露した。

 WBCからは8月にV13を阻止された現王者ルイス・ネリ(メキシコ)との再戦指令が出ている。実現は今後の交渉次第となるが、山中は「正式には決まっていないけど、ネリしかイメージしていない」と語り、ジムワークでは8月に出た悪いところを徹底的に直す日々を送っていることを明かした。

 この日は帝拳の1年後輩、元WBC世界フライ級王者の五十嵐俊幸が大みそかにWBO同級王者、木村翔(青木)に挑戦することが発表された。「五十嵐も負けてから4年以上、苦しいのを乗り越えてやっときたチャンスなので、燃えるものがあると思う」と心中を思いやった。

 五十嵐の世界戦は「応援に行くつもり」というが、それもネリとの再戦日程次第。もし1月など早い時期に決まれば、自身の調整に専念するかもしれない。

Related article
関連記事