July
24
Wednesday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

31°C Clear
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 世界挑戦狙う岡田博喜、ターゲットはWBOかIBF

世界挑戦狙う岡田博喜、ターゲットはWBOかIBF

2017年11月22日 18時00分

 IBF世界S・ライト級7位にランクされる岡田博喜(角海老宝石)にIBF同級挑戦者決定戦の話が舞い込んでいる。同級4位につけるイバン・バランチェク(ベラルーシ)と、近藤明広(一力)との王座決定戦を制してベルトを巻いた王者セルゲイ・リピネッツ(ロシア)への挑戦権を争うというもの。

世界を引き寄せたい岡田、次戦は12月19日

 デビューから16連勝(11KO)の岡田は昨年、5度防衛した日本王座を返上。世界タイトル挑戦への準備を始めた。来月19日、後楽園ホールでWBOウェルター級8位にランクされるジェイソン・パガラ(比)とWBOアジアパシフィックS・ライト級王座決定戦を行うことが決まっている。

 岡田はWBOの世界ランキングで7位につけており、12月にWBOアジアパシフィック王座を獲得すれば、ランキングのさらなる上昇が期待される。また、WBOのS・ライト級は、テレンス・クロフォード(米)が王座返上を発表したが、いまのところ王座決定戦の正式なアナウンスはない。

 陣営はこうした状況をトータルで判断し、WBOでチャンスを待つのか、IBFをターゲットするのか決めていく方針。岡田が12月のリングでどんなパフォーマンスを見せるか注目だ。

Related article
関連記事