February
25
Sunday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

4°C Rain
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 今後もゴロフキンはターゲット 村田のミドル級戦線

今後もゴロフキンはターゲット 村田のミドル級戦線

2018年9月20日 23時45分

  WBA世界ミドル級チャンピオン、村田諒太(帝拳)が今後も元3団体統一王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)をターゲットしていくことが分かった。本田明彦会長が20日明かした。

V2戦まであと1ヵ月前、ここまで村田は順調だ

 昨年10月、WBA王座を獲得した村田陣営はより高みを目指してミドルの“絶対王者”ゴロフキンとの対戦を目指していた。しかし、ゴロフキンが15日に行われたサウル“カネロ”アルバレス(メキシコ)との一戦に惜敗。対戦は遠のいたかに思えた。

 これについて本田会長は「負けても評価は落ちていない。戦う価値のある選手」と説明。ゴロフキンが今後、カネロとの再戦以外は望まない可能性もあり、「ゴロフキンの気持ち次第」と付け加えたが、今後もターゲットの一人であり続けることを認めた。

 WBAスーパー&WBC王座を獲得したカネロについても「やってくれるならもちろんやる」と発言。あくまでミドル級でトップ・オブ・トップを目指していく姿勢をあらためて強調した。

 そのためにも村田のアメリカにおける価値を高めるため、10月20日(日本時間21日)米ラスベガスで行われるロブ・ブラント(米)との防衛戦の内容が問われるという。同会長は「圧倒的に勝たないといけない」と語った。

 村田はこの日、都内のジムで練習後、メディアの取材に応じ「月曜、水曜といいスパーリングができたし、ここまで順調にきている」とコメントした。試合まであと1ヵ月。まずは目の前のブラント戦に全力を尽くす。

Related article
関連記事