February
23
Friday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

3°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 上位世界ランカーの久田、あす戸谷と日本王座V5戦

上位世界ランカーの久田、あす戸谷と日本王座V5戦

2018年11月15日 15時17分

 日本L・フライ級タイトルマッチの計量が15日、JBC関西事務局で行われ、チャンピオンの久田哲也(ハラダ)と挑戦者10位の戸谷彰宏(蟹江)がともに48.8キロをマークし、リミットの48.9キロをクリアした。試合はあす16日、エディオンアリーナ大阪第2競技場でゴングとなる。

23歳の戸谷(左)がベテラン王者の久田に挑む

 主要4団体すべてで世界3位以内にランクされている久田(32勝19KO9敗2分)はこれが5度目の防衛戦。六島ジムのWBOアジアパシフィック・フライ級王者、坂本真宏らと「充実したスパー」を積んできたと万全の様子だ。

 計量後は「クレバーなボクサー」と戸谷を評価しながらも、「前半から自分のペースで進めて、チャンスがあれば前半で終わらせる」と3試合ぶりのKO勝利をイメージした。

 一方、久田よりも11歳若い23歳、16年全日本新人王の戸谷(8勝1KO4敗)は「タイトルマッチが決まってからは最高に充実した日を過ごしてきた。明日、日本チャンピオンになる!」と初の日本タイトルマッチを前にやる気満々だった。写真 清水博マッチメーカー

Related article
関連記事