日本語

Home > ニュース > 40歳パッキャオがブローナー圧倒 2年ぶり米国勝利
ニュース

2019年1月20日 日曜日

40歳パッキャオがブローナー圧倒 2年ぶり米国勝利

 ラスベガスのMGMグランド・ガーデン・アリーナで19日(日本時間20日)、1万3025人の観衆を集めて行われたWBA世界ウェルター級“レギュラー”王座タイトルマッチは、王者マニー・パッキャオ(フィリピン)が挑戦者6位エイドリアン・ブローナー(米)に12回3-0判定勝ち。昨年7月マレーシアでルーカス・マティセー(亜)から獲得した王座の初防衛に成功した。

試合後ブローナー(右)は自らの勝利を主張したが…

 先月40歳になったパッキアオは16年11月のジェシー・バルガス戦以来2年2ヵ月ぶりのアメリカでの試合。L字型ガードで対峙するブローナー(29)に対しサウスポーから断続的に仕掛けてリードする。

 リマッチの噂が持ち上がるフロイド・メイウェザーがリングサイドで観戦する中、快調に飛ばすパッキャオだが、ディフェンス重視のブローナーにダメージングブローを打ち込むことができない。

衰えは隠せなかったものの勝利のパッキャオ

 しかし7回、連打で挑戦者をコーナーに追い詰めラッシュ。9回にもパッキャオが見せ場をつくり試合はヒートアップ。それでもブローナーはステップを踏んで追撃をかわし終盤へ。ブローナーは11回にやや優勢に進めた以外は後手に回り、そのままパッキャオが押し切った。

 公式スコアカードは117-111、116-112×2でパッキアオの文句ない勝利。戦績を61勝39KO7敗2分とした。あまりにも消極的だったブローナーは33勝24KO4敗1分1無効試合。

ブラウン(左)は元王者ジャックを攻略した

 セミ格のWBC・L・ヘビー級挑戦者決定戦兼同シルバー王座戦は、マーカス・ブラウン(米=WBC2位)がバドゥ・ジャック(スウェーデン=同1位)に12回3-0判定勝ち。スコアは117-110、116-111、119-108でブラウンが支持された。Photos/SUMIO YAMADA

Related

関連記事