0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2019年7月9日火曜日

村田諒太とW世界戦 V5王者の拳四朗も検診 
リーチで挑戦者に劣るも「気にしない」

 12日、大阪市のエディオンアリーナ大阪でゴングのWBC世界L・フライ級タイトルマッチの予備検診が9日、同アリーナで行われた。6度目の防衛目指す王者、拳四朗(27=BMB)、挑戦者1位、ジョナサン・タコニン(32=フィリピン)ともに脈拍は44~45と安定しており、藤原仁志ドクターによると、両者とも良好な体調を示しているという。

身長が1cm伸びて「成長期ですね」と拳四朗

 身長は拳四朗が8センチ上回ったが、リーチはタコニンより3.5センチ下回った。拳四朗は「僕は数字は気にしない。フィリピンの選手はリーチが長いことはよくあります」と特段気にしていない様子で、身長が1センチ伸びたことで「成長期ですね」とトレードマークの笑顔を浮かべた。

 タコニンとは昨年5月のV3戦の前に、フィリピン合宿でサウスポーのスパーリング相手を求めてグローブを交わしたことがある。「2日間10ラウンドくらいやりましたが、けっこう打ってくるし、やりにくさはあった気がする。でも、防衛戦では打ち合いはよくないので、ジャブで距離を守って自分のスタイルで戦います」と最大の武器の左を強調した。

 同席した父寺地永・BMBジム会長(55)は「リーチの数字の差はあっても、距離(の利)はこちらにあります」と息子の戦い方には全幅の信頼を置いていた。主な検診結果は次の通り。

     拳四朗   タコニン
身 長  165cm    157cm
頸 周  34cm    35cm
胸 囲  85cm    84.5cm
リーチ  164cm    167.5cm
視 力 左1.0右0.9   左1.2右1.2
拳 周 左24cm右24cm 左27cm右28cm