June
15
Saturday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

21°C Rain
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 柴田が淵上を下す OPBFミドル級新王者に

柴田が淵上を下す OPBFミドル級新王者に

2013年5月4日 21時13分

 東洋太平洋ミドル級タイトルマッチが4日、後楽園ホールで行われ、挑戦者の日本S・ウェルター級王者の柴田明雄(ワタナベ)が、チャンピオンの淵上誠(八王子中屋)を9回1分7秒負傷判定3-0(87-83、89-82、89-81)下して新王者となった。淵上は初防衛に失敗。

 

 前半はスピードで勝る柴田のペース。動きながら右を的確に当て続けポイントをピックアップした。淵上は柴田の懐が遠くでパンチが当たらず、いつものように手数でピッチを上げることができない。前半は淵上が追いかけ、柴田がカウンターを打ち込む展開となった。

 

淵上がようやく柴田をつかまえたのは7回だった。淵上は左右のフックで柴田の動きを止めると、試合は激しい打撃戦に突入。打ち合いは淵上が優位に見えたが、柴田の右フックがドンピシャで決まって淵上がダウンした。

 淵上はこのピンチをしのぎ、8回は果敢に前に出たものの、柴田を再びとらえるまでにはいたらない。9回に突入したところで、柴田が3回に偶然のバッティングで切った右目上部の傷が悪化。負傷判定となった。柴田は21勝9KO7敗1分。淵上は20勝11KO8敗。

Related article
関連記事