0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2019年7月12日金曜日

清水聡まさかの6回TKO負け、連続KO勝利ストップ

 WBOアジアパシフィックS・フェザー級タイトルマッチが12日、エディオンアリーナ大阪のダブル世界タイトルマッチの前座で行われ、挑戦者でOPBFフェザー級王者の清水聡(大橋)は王者ジョー・ノイナイ(比)に6回2分18秒TKO負け。ロンドン五輪銅メダリストの清水はデビューから連続KO勝利が8でストップした。

試合後「体が動かなかった」と清水

 サウスポー対決。試合開始早々、ノイナイの右ジャブで清水がたたらを踏むと、ラウンド中盤、左を食らってダウン。立ち上がった清水に再びノイナイの左が炸裂すると清水が再びキャンバスに落下した。ここは何とかしのいだが、波乱の幕開けとなった。

 清水は2回、巻き返そうと左を打ち込んでいくが、ノイナイの力強いジャブ、左をもらってしまい相変わらず不安定。前のめりの清水に対し、ノイナイはカウンター狙いだ。

 清水は被弾はあるものの、前に出て圧力をかけ、3回に左を効かせてノイナイを追い込む。パンチのパワーはさすがだ。しかし4回、ノイナイが圧力をかけるとジャブ、左ストレートを立て続けに被弾した。清水は顔の腫れがひどくなってきた。

清水はプロ初黒星、パンチをもらいすぎた

 6回、ドクターチェックのあとで、清水が棄権の意思表示をするかのように背中を向けると、ノイナイが襲い掛かり、清水がヒザをついたこところでストップとなった。

 ノイナイは4月、坂晃典(仲里)との決定戦を制して獲得した王座の初防衛に成功。戦績は18勝7KO2敗1分。

 昨年12月にアメリカでプロデビューした早稲田大出身の岩田翔吉(帝拳)はL・フライ級6回戦でパオロ・シー(比)と対戦。終始攻め続け、5回に左ボディを効かせると一気に畳みかけてストップを呼び込んだ。TKOタイムは5回1分25秒。

 デビュー3連勝(2KO)を飾った岩田は「タフな選手を相手に経験をつめたことが次につながると思う」とマイクアピールした。

 また、大阪・興国高出身、東京農業大中退の中島玲(寝屋川石田)がミドル級6回戦でB級デビュー。阪田壮亮(本多)にフルマーク判定勝ち(60-52×3)した。