日本語

Home > ニュース > ボクシング界が他格闘技との関係ついて集会 
ヘビー級と女子の選手交流を検討
ニュース

2019年8月22日 木曜日

ボクシング界が他格闘技との関係ついて集会 
ヘビー級と女子の選手交流を検討

 日本プロボクシング協会(JPBA)は22日、都内で日本ボクシングコミッション(JBC)の協力のもと「他競技・類似イベントに関する全国集会」を開催した。協会加盟ジムの会長やマネジャーら約60人が出席し、他プロ格闘技とのかかわりについて話し合った。

取材に応じる花形協会長(右から2人目)ら

 今回の集会で話し合われたのは、総合格闘技やキックボクシングの選手をボクシングにいかに受け入れるか、他の格闘技イベントにJBCライセンス保持者がどのようにかかわっていいのか─の2点だ。

 他競技選手の受け入れについては、選手層の薄いヘビー級と女子に関して受け入れのハードルを下げる方向性が示された。現状でも他格闘技の選手が協会加盟ジムに所属し、プロテストに合格すればボクシングの試合に出られるが、両団体を行き来することは事実上できない。

 これをJBCが戦績やKO負けの実態を確認できる団体と提携し、両団体を相互に行き来できる二刀流を可能にする、というのが今回示された案だ。また、主要4団体が関与しているムエタイとの交流も検討事項として示された。

 他格闘技イベントとのかかわりについては、ライセンス保持者が他格闘技の試合に出場すること、セコンドに入ることは今まで通り認められないが、セレモニーに出席したり、テレビ解説を務めたりするのOK、というラインが示された。

 また、“ボクシング類似イベント”には関しては、「安全管理などの面からボクシングへの信頼がゆらぐ」として「一切協力しない」という方針が再確認された。類似イベントとは、6月に行われた那須川天心と元ボクシング世界王者の亀田興毅氏が“特別ボクシング・ルール”で対戦したイベントなどを指す。

Related

関連記事