日本語

Home > ニュース > 金メダリスト村田諒太 五輪候補選手200人に講演
ニュース

2019年9月25日 水曜日

金メダリスト村田諒太 五輪候補選手200人に講演

 WBAミドル級王者の村田諒太(帝拳)が25日、東京・西が丘の味の素ナショナルトレーニングセンターで、オリンピック・パラリンピック強化指定選手およびその指導者を対象に講話を行った。

村田本人も「いい機会になった」

 公益財団法人日本オリンピック委員会(JOC)主催の講話「覚悟~メダリストの闘い~」は今回が19回目。第1回の山下泰裕氏はじめ、さまざまな五輪メダリストやコーチたちが講話を行っている。

 ロンドン五輪ボクシング金メダリストの村田はこの日、錦織圭(テニス)ら集まった200名に約1時間、自身の五輪体験を語った。

「もし少しでも役に立てれば。メダルはもちろん獲れればいいけど、それは人生において一過性のものでしかない。人生は常にスタートの連続だよと伝えました」と村田。アスリートたちを前に真摯に語りかけ、「いい機会になりました」と笑顔を見せた。

Related

関連記事