2019年10月11日金曜日

ウェルター級統一王者スペンス フェラーリで事故 
車外に投げ出されて重傷

 ウェルター級統一王者エロール・スペンスJr(米)が現地時間10日午前3時頃、居住するテキサス州ダラスで車を運転中に事故を起こし、病院の集中治療室に搬送された。所属するPBC(プレミア・ボクシング・チャンピオンズ)の広報によると生命に別条はないという。

先月ポーターに勝利したスペンス

 スペンス(29)はダラスのダウンタウン近くの幹線道路を自身のフェラーリで走行中スピードを出し過ぎ、車線変更しようとした際にバランスを失い路肩に衝突した。

 警察によるとフェラーリは数回、空中で回転しスペンスはシートベルトを着用していなかったため、車外に投げ出されていた。同乗者はいなかった。事故の状況からスペンスは重傷を負ったもよう。安否が気遣われている。

 ダラス近郊のデソト出身のスペンスは先月28日、ロサンゼルスでWBC王者ショーン・ポーター(米)と統一戦を行い2-1判定勝ち。保持するIBF王座を防衛し2冠を統一した。試合は激闘となり、今年の年間最高試合候補に挙がっている。そのポーター、対決が待望されるWBO王者テレンス・クロフォード(米)などから激励のツイートが発信されている。Photo/SUMIO YAMADA