0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2019年10月15日火曜日

バンタム級注目 前王者対決 ネリvs.ロドリゲス 
11.23ヘビー級タイトルマッチ前座で対戦

 バンタム級の前WBC王者ルイス・ネリ(メキシコ)と前IBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)が対戦することになった。試合は11月23日、ラスベガスのMGMグランドガーデン・アリーナで行われる。メインはデオンタイ・ワイルダーvs.ルイス・オルティスのWBCヘビー級タイトルマッチ。

日本にもなじみの深いネリ(左)とロドリゲス

 ロドリゲス(27)は5月、スコットランドで井上尚弥(大橋)に3回TKO負け。ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)準決勝で敗退しIBF王座を失った。

 11月23日の試合に備えてプエルトリコで始動したロドリゲスは当初ルーシー・ウォーレン(米)と対戦する予定だった。だがウォーレンが拳の負傷を理由に辞退。同じカードに出場するネリが対戦に応じた。

 プエルトリコのプリメラオラ紙によると、ロドリゲスのフアン・オレンゴ・プロモーター兼マネジャーは「マニーは井上戦で主に腹にパンチを食らい(顔面には)あまりもらっていないからダメージは消えた。体重もバンタム級を維持できる」と語っている。

 18年3月の山中慎介戦の体重超過で悪名をとどろかせたネリ(24)はプレミア・ボクシング・チャンピオンズ(PBC)と契約し、マックジョー・アローヨ(プエルトリコ)、フアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)の世界ランカーの元王者を連続ストップ。ロサンゼルスのワイルドカードジムでフレディ・ローチ氏の下で調整を進めている。

 試合はWBCバンタム級挑戦者決定戦として行われ、勝者が11月7日さいたまスーパー・アリーナで挙行されるWBCバンタム級王者ノルディ・ウーバーリ(フランス)vs.同級暫定王者井上拓真(大橋)の勝者に挑戦するレールが敷かれる。日本のファンにも興味深い一戦となる。