0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2019年10月16日水曜日

村田諒太の挑戦者 バトラーはどんな選手だ?

 12.23横浜アリーナのトリプル戦で、村田諒太(帝拳)のWBAミドル級王座に挑むスティーブン・バトラー(カナダ)はWBAランキングは9位だが、WBOで1位につける24歳。「私はただ夢を見るだけの男ではない。番狂わせと言われようとも勝つ」とビッグチャンスへの意気込みを語った。

ハードパンチが売りのバトラー

 WBOよりもWBA村田への挑戦を選択したわけをエステファン・マネジャーは「村田とならもっとエキサイティングな試合ができる」という。28勝中24度がKO勝ち(1敗1分)のバトラーと村田とのかみ合いのいいファイトを予言した。

 実際、バトラーは好戦的なタイプ。村田攻略についても「いいパンチを当てることだ。一発で終わらせるものを持っている」とパワー面の自信を隠さない。「村田のガードは堅いが、前回も打たれてはいた。どれだけガードが堅かろうと、それ(ヒット)は起こり得る」。積極的に出てくるのは間違いない。

 祖父マーシャル(故人)は新鋭時代にのちの世界ウェルター級王者ジョン・ストレーシー(英)に判定勝ちした勲章を持つ元ボクサー。「祖父の血が私には流れている」とバトラーも誇らしげで、具体的に生前のマーシャルからは「ジャブとムーブメントを教えてもらった」と言う。

「まだ私は始まったばかり。12月23日にベルトを獲って、いろんなストーリーが描かれるものと思う」。若きカナダ人は野心的だ。家庭では3歳と2ヵ月の2人の息子を抱えており、「家族を養うためにも」という思いも大きなモチベーションになっている。