0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2019年11月28日木曜日

ヘビー級統一戦 ルイスJr、ジョシュア臨戦態勢 
サウジにアリーナ完成 警備員は2000人

 半年ぶりの再戦となる世界ヘビー級タイトルマッチ、WBA“スーパー”・IBF・WBO統一王者アンディ・ルイスJr(米=メキシコ)、王座復帰を目指す前統一王者アンソニー・ジョシュア(英)とも決戦の地サウジアラビアへ移動。12月7日の対決に向け最終調整に入る。

 現地時間の24日サウジアラビアに到着したジョシュアはアゴひげを生やし精悍な表情になった。「初戦に比べて大きく変わることはない。各ファクターを引き締めて対処すれば十分だ」と静かに闘志を燃やす。

 同時に「私が前回と違う結果を出したいと思ったら違ったトレーニングをしなければならない」とも話しており、どんなパフォーマンスを披露するか開始ゴングが待たれる。

 対するルイスJrは26日、同国リヤドに陣営と到着。このダイレクトリマッチが締結された時はサウジ開催に難色を示していたが「ニューヨークで歴史をつくり、今度はサウジアラビアで新たな歴史をつくる」と連続アップセットを誓う。以前のポッチャリ型の体型から若干スリムになった印象で、こちらも返り討ちをアピールしている。

 試合が決まった時点で建設中だったディリーヤ・アリーナも完成。1万5000人のキャパシティーの屋外会場で両者は大一番に臨む。当日は約2000人のセキュリティが動員され、厳重警備に当たるという。

 試合の模様は日本ではWOWOWプライムで午前4時から生中継される。