0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2019年12月1日日曜日

テテ敗れる カシメロがWBOバンタム級王座統一 
「モンスター、私とファイトしよう!」

 WBO世界バンタム級タイトルマッチが30日(日本時間1日)、英バーミンガムのアリーナ・バーミンガムで行われ、暫定王者ジョンリエル・カシメロ(比=写真)が正規王者ゾラニ・テテ(南アフリカ)に3回2分14秒TKO勝ち。WBO王座を統一した。

カシメロは3回にテテを仕留めた

 距離を取る長身サウスポーのテテに対し、踏み込んでの右を狙うカシメロ。3回、その右がテテをとらえると、テテがキャンバスに崩れ落ちる。立ち上がったテテは何とかサバイバルしようと踏ん張るが、カシメロの左を浴びて頭からダイブ。ここも立ち上がったテテだが、カシメロが襲い掛かると、すぐに主審が試合を止めた。

 フィリピン選手としてマニー・パッキャオ、ノニト・ドネア、ドニー・ニエテスに続き4人目の3階級制覇王者カシメロは29勝20KO4敗。試合後は「次は井上とやりたい。モンスター、私とファイトしよう!」とWBAスーパー・IBF同級王者の井上尚弥(大橋)との王座統一戦をアピールした。

試合後は井上との対戦をアピール

 4月に予定されていたWBSS準決勝、ドネア戦を右肩の負傷で棄権したテテはこれが昨年10月以来のリングで敗北。12年9月以来の黒星で戦績は28勝21KO4敗となった。Photos/SUMIO YAMADA

■バンタム級世界王者
WBAスーパー 井上尚弥(大橋)
WBC ノルディ・ウーバーリ(仏)
IBF 井上尚弥(大橋)
WBO ジョンリエル・カシメロ(比)