2019年12月31日火曜日

井岡一翔が12回判定勝ち 曲者シントロン攻略でV1

 WBO世界S・フライ級タイトルマッチが31日、大田区総合体育館のトリプル世界タイトルマッチのメインで行われ、王者の井岡一翔(Reason大貴)が挑戦者1位ジェイビエール・シントロン(プエルトリコ)に3-0判定勝ち。初防衛に成功した。スコアは116-112×2、115-113。

子どもの話を振られ、思わず涙した井岡

 日本人男子選手初の4階級制覇を達成した井岡が指名挑戦者を迎えて初防衛戦に臨んだ。初回は様子見の井岡に対し、シントロンが浅いながらもジャブを打ち込んで先制。左をボディに打ち込む姿を見ても、リーチがあって距離が長い。

 2回、井岡は圧力を強めるが、シントロンは足を使いながらジャブ、カウンターの左で迎え撃つ。中盤に挑戦者の左ストレートがクリーンヒットすると会場はどよめき。井岡は3回、さらに圧力を意識して右ストレート、ボディ打ちを決める。シントロンも左ストレート、左アッパーを打ち返して試合は白熱した。

トランクには長男、磨永翔(まなと)くんの名前が

 井岡のプレッシャーが効いてきたのは4回だった。シャープなボディブローを挑戦者に打ち込み、これぞ井岡というボクシングを機能させ始める。5回に左ストレートを被弾したものの、中盤は井岡がボディ打ちで流れをつかんだ。

 苦しくなったように見えたシントロンは7回、フットワークを駆使した本来のボクシングで立て直しを図った。パンチにはまだ威力があり、フットワークとカウンターで井岡に対抗した。しかし井岡は9回に再び圧力を強め、ボディ攻撃と右ストレートでシントロンを追い込んでいった。

 10、11回は井岡が攻め、シントロンが足を使って逃げながら起死回生のカウンターを狙うという内容。オリンピックに2度出場、アマ200戦以上のキャリアを誇るシントロンは試合をあきらめず終盤も左で井岡を脅かす。井岡は最後まで攻めきって終了のゴングを聞いた。井岡は25勝12KO2敗。シントロンは11勝5KO1敗1無効試合。