excitematch

excitematch

2020年2月9日日曜日

メンデスがWBOミニマム級V2 メンドサをTKO

 パナマ市のエル・パナマ・ホテルで8日(日本時間9日)ゴングが鳴ったWBO世界ミニマム級タイトルマッチは、王者ウィルフレド・メンデス(プエルトリコ)が挑戦者14位ガブリエル・メンドサ(コロンビア)に9回TKO勝ち。ビック・サルダール(フィリピン)から奪ったベルトの2度目の防衛を果たした。

8回までのスコアはフルマークでメンデス(左)だった

 メンデスが終始コンビネーションブローを浴びせてリード。自身も右目をカットし顔面が腫れる代償を負ったが、9回、一気にチャージして試合を終わらせた。TKOタイムは1分28秒。

 これでメンデスは16勝6KO1敗。「プエルトリコを代表してパナマで勝利を飾れてうれしい。作戦どおりに戦えた」とコメント。WBAのおひざ元で防衛した心境を語った。メンデスの初防衛戦で対戦する予定だったメンドサは30勝23KO7敗2分。Photo/SUMIO YAMADA

■ミニマム級世界王者
WBA ノックアウト・CPフレッシュマート(タイ)
WBC ワンヘン・ミナヨーティン(タイ)
IBF ペドロ・タドゥラン(比)
WBO ウィルフレド・メンデス(プエルトリコ)