2020年4月5日日曜日

英L・ヘビー級のヤード、父と祖母がコロナ禍で死亡

 昨年WBO・L・ヘビー級王者(当時)セルゲイ・コバレフ(ロシア)に挑戦したアンソニー・ヤード(英)が二重の悲しみにくれた。先月27日、ヤードは父親に続き、先週末には祖母を新型コロナウイルス感染により失った。ソーシャルメディアを通じてヤード自身が伝えた。

ヤードは昨年8月、コバレフに挑戦した

 ヤード(28)は「ウイルスでおばあちゃんが亡くなりました。父と彼の母が数日の間に逝ってしまった。これは本当にシリアスです。人々は必要がない時でも外出している。コビット19(新型コロナウイルスによる感染症)のリスクから身を守るオプションはたくさんあります。2人よ、安らかに眠れ。今、苦しんでいる人々が救われることを祈ります」と発信している。

 ヤード(19勝18KO1敗)は昨年8月、敵地のロシアでコバレフに挑戦。中盤コバレフを追い詰めるラウンドがあったが、終盤11回にダウンを喫しTKOで敗退した。

 2月スペインで再起を果たし、ダニエル・デュボアvs.ジョー・ジョイスのヘビー級戦のカードで同じ英国のホープ、リンドン・アーサー(16勝12KO無敗)と対戦する予定だった。イベントはコロナウイルスの流行により暫定的に7月11日に延期されている。


-->