2020年7月2日木曜日

井上尚弥vs.カシメロ統一戦 日本開催の可能性も 
大橋会長「年内にできれば」今後の見通し語る

 大橋秀行会長は1日、延期となっているバンタム級3団体統一戦、WBAスーパー・IBF王者の井上尚弥(大橋=写真)とWBO王者ジョンリール・カシメロ(フィリピン)との試合について現時点での見通しを明かした。

 大橋会長は「まだどうなるかまったく分からない」と前置きした上で、アメリカで新型コロナウイルスの感染拡大が収まらないことを踏まえ、「8月、9月は難しいのではないか。年内にできればと思っている」との見通しを示した。

 この試合は当初、4月25日に米国ラスベガスで予定されており、現時点でもアメリカ開催が模索されいてるが、大橋会長は「日本開催もあり得る」とも指摘。1万人以上が収容できるアリーナで、観客を大幅に間引いてのイベント開催の可能性も示した。現状ではあらゆる可能性を考慮しなければならいということだろう。


-->