2020年9月14日月曜日

メキシコの若き強打者アギラルまた倒す 
L・ヘビー級2冠ベテルビエフ負傷、防衛戦延期

■メキシコシティのTVアステカのスタジオで12日(日本時間13日)サンフェル・プロモーション主催のイベントが行われ、台頭中の強打者オマール“ポーリョ”アギラル(メキシコ=WBC・S・ライト級24位)が同国のホセ・ギエルモ“ガト”ガルシアに3回1分22秒TKO勝ち。WBCユース・シルバー王者のアギラル(21)は19勝18KO無敗。Phoro / Zanfer Promotions

アギラール(右)はこれで19勝18KO無敗

同じリングで女子のL・フライ級実力者ジェシカ・ネリ・プラタ(メキシコ)がWBA・L・フライ級王者ジェシカ・ポップ(アルゼンチン)に挑戦歴があるサンドラ・ロブレス(メキシコ)に3-0判定勝ち。記録サイトのボックスレクは今回も地元コミッションが認可していないことから、これらの試合を無効試合扱いにしている。

■L・ヘビー級のIBF・WBC統一王者アルツール・ベテルビエフ(ロシア)が10月23日モスクワで予定したアダム・デインズ(ドイツ)との防衛戦が延期または中止となった。ベテルビエフがトレーニング中にあばら骨を負傷したのが原因。ベテルビエフはIBFの指名試合メン・ファンロン(中国)戦がコロナ危機で中止になっており、再び試合枯れの状態になりそうだ。

■WBA・S・ミドル級ゴールド王者フェドール・チュディノフ(ロシア)が11日(日本時間12日)モスクワ近郊ヒムキのバスケットボール・センターでウマール・サディキ(ナイジェリア=英)に最終12回26秒TKO勝ち。元WBA・S・ミドル級スーパー王者のチュディノフは23勝16KO2敗。

■元IBF・S・ウェルター級王者カルロス・モリナ(メキシコ=米)がコロナ危機以降3度目となる自主興行を12日行い、エクトル“ベイビー”セペダ(メキシコ)に6回TKO勝ち。イベントは今回もモリナの故郷ミチョアカン州で開催された。


-->