February
23
Friday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

2°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 内藤律樹vs.今野裕介 OPBFとWBOアジアの2冠戦に

内藤律樹vs.今野裕介 OPBFとWBOアジアの2冠戦に

2020年10月29日 18時10分

「DANGAN236&オーバーヒートボクサーズナイト」(11.21後楽園ホール)のメインイベントにセットされたOPBF・S・ライト級タイトルマッチ、王者の内藤律樹(E&Jカシアス)と挑戦者4位、今野裕介(角海老宝石)の試合がWBOアジアパシフィック同級王座決定戦を兼ねた2冠戦になった。DANGANが19日発表した。

 WBO・APランキングは内藤が1位で今野が8位。この日までにWBOから王座決定戦の承認がおりた。同王座は昨年12月、井上浩樹が獲得したものの、井上は7月に日本王座を失って引退を表明、WBO・AP王座は空位となっていた。

 29歳の内藤は元日本S・フェアー級王者で22勝7KO2敗。これがOPBF王座の4度目の防衛戦になる。31歳の今野は16勝9KO4敗。OPBFとWBOアジアパシフィック王座は初挑戦。

Related article
関連記事