日本語

Home > ニュース > ガルシアが7回KOでWBCライト級暫定王者に 
ダウン挽回 五輪金のキャンベル仕留める
ニュース

2021年1月3日 日曜日

ガルシアが7回KOでWBCライト級暫定王者に 
ダウン挽回 五輪金のキャンベル仕留める

 WBCライト級暫定王座決定戦が2日(日本時間3日)、米テキサス州ダラスのアメリカンエアラインズ・センターで行われ、同級4位のライアン・ガルシア(米=写真)が同3位ルーク・キャンベル(英)に7回1分58秒KO勝ち。スーパー・スターへの第一歩を踏み出した。

勝利の瞬間、雄叫びを上げるガルシア

“SNSチャンピオン”として名高い22歳のキャンベルが初めて世界タイトルマッチのリングに上がった。ロンドン五輪金メダリスト、2度の世界挑戦経験を持つキャンベルを相手に実力を証明する試合だとなった。

 ガルシアが初回から派手にジャブ、左フック、右ストレートで圧力をかけ、サウスポーのキャンベルがブロッキングでこれに対処する立ち上がり。2回、キャンベルがボディへ右ジャブを打ったあと、左フックを振り抜くと、これがガルシアのアゴを直撃。ガルシアが尻からキャンバスに倒れ、まさかのシーンに会場が騒然となった。

ガルシアは2回に左を食らってダウン

 しかしガルシアはダウン後も強気に攻めた。キャンベルはアタックをブロッキングでしのぎながら左をボディに集める。イーブンの展開で迎えた5回、終了間際にガルシア得意の左フックでキャンベルがグラリ。アリーナが一気に沸いた。

 ガルシアが優位に立って迎えた7回だった。ロングレンジからガルシアが思い切り踏むと、顔面のガードを固めたキャンベルのレバーに強打が炸裂。キャンベルは一瞬間を置いてキャンバスにひざをつき、苦悶の表情のまま10カウントが数えられた。ガルシアは21勝18KO。キャンベルは20勝16KO4敗。

 勝利の瞬間、喜びを爆発させたガルシアは歓喜のリングにうずくまって涙した。その後はトレーナーのエディ・レイノソ氏、GBPのオスカー・デラホーヤ氏、さらにはリングに上がってきたスーパー・スター、サウル“カネロ”アルバレス(メキシコ)と抱き合って喜び合った。

次はヘイニー戦に期待

 キャリア初のダウンを乗り越え、ホルヘ・リナレス(帝拳=ベネズエラ)、ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)とフルラウンドと戦ったキャンベルを仕留めたガルシア。次はリングサイドで試合を見守ったWBCライト級レギュラー王者デビン・ヘイニー(米)との対戦が期待される。Photos: Tom Hogan-Hoganphotos/Golden Boy

■ライト級世界王者
WBAスーパー テオフィモ・ロペス(米)
WBA ジェルボンテ・デイビス(米)
WBAゴールド イバン・メンディ(仏)
WBCフランチャイズ テオフィモ・ロペス(米)
WBC デビン・ヘイニー(米)
WBC暫定 ライアン・ガルシア(米)
IBF テオフィモ・ロペス(米)
WBO テオフィモ・ロペス(米)

Related

関連記事