日本語

Home > ニュース > フルトン快勝 WBO・S・バンタム級王者交代
ニュース

2021年1月24日 日曜日

フルトン快勝 WBO・S・バンタム級王者交代

 無敗同士の対戦となったWBO・S・バンタム級タイトルマッチが23日(日本時間24日)米コネチカット州アンキャスビルで行われ、挑戦者1位スティーブン・フルトンJr(米)が王者アンジェロ・レオ(米)に12回3-0判定勝ちを収めた。レオは初防衛に失敗した。

フルトン(右)は大差判定勝ちで期待にこたえた

 両者は昨年8月、王座決定戦で対戦する予定だったがフルトンが新型コロナウイルス感染症で出場できず、代役に勝ったレオがベルトを獲得した。初回の攻防で左マブタをカットしたレオにフルトンは左ジャブからボディー打ちを浴びせる。

 ボディー連打に活路を求めるレオに対し、アウトボクシングを心がけると思われたフルトンは同じくボディー打ちで対抗。5回以降、接近戦の攻防が展開され、挑戦者が左右アッパー、ボディー打ちでペースを握る。8回、右アッパー、右ボディーで攻勢をかけるフルトンに王者はロープを背にする。

 終盤、執拗にボディーを攻めるレオだが、フルトンは真っ向から対抗しフルラウンドを乗り切った。公式スコアは118-110に119-109×2でフルトン。もう少し接近していたようにも見えたがフルトンは明白な勝利を飾った。

「5、6ラウンドあたりからリードを確信した。今後は比類なきチャンピオンを目指す」と新王者。同じPBC(プレミア・ボクシング・チャンピオンズ)傘下にはWBA正規王者ブランドン・フィゲロア(米)、WBC王者ルイス・ネリ(メキシコ)がおり、統一戦が組まれる可能性が広がる。フルトンは19勝8KO無敗。レオは20勝9KO1敗。

アリーム(右)は11回TKO勝ち

 セミ格のWBA・S・バンタム級暫定王座決定戦は、WBA2位ライス・アリーム(米)が8位ビック・パシージャス(米)に11回1分TKO勝ち。サウスポーのパシージャスに右ボディーを巧打するアリームが2回、右カウンターでパシージャスを倒す。

 その後も右ボディーをコンスタントに決めるアリームが優勢。76回、左連打でダウンを追加したアリームは9回、一瞬効かされたが逆襲で3度目のダウンをゲット。11回、右から左でパシージャスを撃沈するとレフェリーが止めた。7連続KO勝利のアリームは18勝12KO無敗。パシージャスは15勝8KO1敗1無効試合。

 同じリングでWBAライト級暫定王者ローランド・ロメロ(米)が直前に相手に抜擢されたエイベリー・スパロウ(米)に7回43秒TKO勝ち。初回、左フックで倒したロメロ(13勝11KO無敗)がワンサイドゲームを制した。Photos / Amanda Wescott / Showtime

Related

関連記事