日本語

Home > ニュース > 計量失格の前S・ミドル級王者 ベナビデスが3月復帰戦
ニュース

2021年1月27日 水曜日

計量失格の前S・ミドル級王者 ベナビデスが3月復帰戦

 前WBC・S・ミドル級王者のデビッド・ベナビデス(米=写真)が3月13日に復帰戦を行うとのニュース。ESPNとボクシングシーンが本人の話として伝えている。試合の模様はショータイムで放送される見通しだ。

 23勝20KO無敗の24歳、ベナビデスは2017年9月にWBC王座に就き、初防衛にも成功したが、ドーピング検査でコカインの陽性反応が出て戦線離脱を余儀なくされた。ブランクをへて復帰すると19年9月、正規王者になっていたアンソニー・ディレル(米)をTKOで下して王座に返り咲いた。

 しかし20年8月の初防衛戦で、計量に失格して再び王座はく奪。試合はロアメル・アレクシス・アングロ(コロンビア)に10回終了TKO勝ちして無敗のレコードを守った。

 今回は中堅選手、ロナルド・エリス(米=18勝12KO1敗2分1無効試合)とノンタイトル戦を行うようだが、計量失格後の試合にもかかわらずS・ミドル級リミットで戦う模様。カリフォルニア州ビッグベアで既に6週間のトレーニングを積んでいるというベナビデスは「168ポンドのトップファイターのだれかと戦いたい」とS・ミドル級でキャリアを進める考えを示している。

 S・ミドル級はWBAスーパー、WBC王座に就いたサウル“カネロ”アルバレス(メキシコ)が4団体統一を宣言してヒートアップ中。ベナビデスもスーパー・スターであるカネロを中心としたバトルに何とか絡みたいところだろう。Photo/SUMIO YAMADA

Related

関連記事