日本語

Home > ニュース > 無敗2階級制覇王者オスカル・バルデス トップランクと契約更新
ニュース

2021年6月18日 金曜日

無敗2階級制覇王者オスカル・バルデス トップランクと契約更新

 WBC・S・フェザー級王者オスカル・バルデス(メキシコ=写真)が17日(日本時間18日)、プロモーターのトップランクと新たに複数試合の契約を交わした。同社がSNSを通じて発表し、メディアが伝えた。

 バルデス(29勝23KO無敗=30)は2月、ミゲル・ベルチェルト(メキシコ)にKO勝ちでWBOフェザー級(返上)に次ぎ2階級制覇に成功。試合は年間KO賞候補にも挙がる好ファイトだった。

 バルデスは「トップランク・ファミリーの一員に成れて誇りを感じる。私の才能を信用してくれるボブ・アラムとトッド・ドゥボーフ(アラム氏の子息)に感謝したい。同時にマネジャーのフランク・エスピノサの尽力にも感謝したい」と語っている。

 アラム氏は「オスカルは本当のジェントルマンで彼をヘルプすることに喜びを感じる。我々両方にとり相互のベネフィットがある」と今後もサポートを約束した。

 エスピノサ・マネジャーによると次戦はリオデジャネイロ五輪金メダリストのロブソン・コンセイサン(ブラジル)と9月アリゾナで行うことが有力。そして先週WBO・S・フェザー級暫定王座に就いたシャクール・スティーブンソン(米)、WBO王者ジャメル・へリング(米)との統一戦を視野に入れている。Photo by SUMIO YAMADA

Related

関連記事