日本語

Home > ニュース > 8.14グティエレスとアルバラード弟が第3戦 アルバラード兄も防衛戦
ニュース

2021年7月21日 水曜日

8.14グティエレスとアルバラード弟が第3戦 アルバラード兄も防衛戦

 WBA・S・フェザー級レギュラー王者ロジャー・グティエレス(ベネズエラ)と前王者レネ・アルバラード(ニカラグア)のダイレクトリマッチが8月14日に行われることが決まった。会場は米テキサス州フリスコのフォード・センター。メインはWBOウェルター級1位で同級WBAゴールド王者バージル・オルティス(米)とWBA1位エイマンタス・スタニオニス(リトアニア)の12回戦。20日、主催のゴールデンボーイ・プロモーションズが発表した。

レネ(左)とフェリックスのアルバラード兄弟

 グティエレスvs.アルバラードは今年1月同じテキサス州で行われ、2度ダウンを奪ったグティエレスが3-0判定勝ちで戴冠。両者は17年にも対戦しており(アルバラードがTKO勝ち)第3戦となる。WBAのS・フェザー級はスーパー王者にジェルボンテ・デービス(米)が君臨。暫定王者はクリス・コルバート(米)、ゴールド王者マーク・ウルバノフ(ロシア)と乱立している。

 同日のセミセミではアルバラード双生児兄弟の兄、IBF・L・フライ級王者フェリックス・アルバラード(ニカラグア)がエリク・ロペス(メキシコ)と3度目の防衛戦。またホルヘ・リナレスに初回TKO勝ちの実績があるS・ライト級ランカー、パブロ・セサール・カノ(メキシコ)がダニエル・ソリージャ(プエルトリコ)と10回戦を行う。Photo by SUMIO YAMADA

Related

関連記事