日本語

Home > ニュース > ジェルボンテ・デービスがS・ライト級王座を返上 ライト級でライバル対決目指す
ニュース

2021年12月10日 金曜日

ジェルボンテ・デービスがS・ライト級王座を返上 ライト級でライバル対決目指す

 5日(日本時間6日)イサック・クルス(メキシコ)に判定勝ちでWBAライト級レギュラー王座を防衛したジェルボンテ・デービス(米)がもう一つ保持していたWBA・S・ライト級レギュラー王座を8日返上した。WBAがツイッターで伝えた。

5日の試合に勝利したデービス

 デービス(26勝24KO無敗=27)は6月、マリオ・バリオス(米)に11回TKO勝ちでS・ライト級王座を獲得した。しかしWBAはクルスを下したデービスに5日以内にどちらかの王座を返上するように通達していた。

 米国メディアによるとWBAはデイビスがS・ライト級を選択した場合、1位で暫定王者だったアルベルト・プエジョ(ドミニカ共和国)をデービスの指名挑戦者に任命する運びだったという。WBAスーパー王者には4団体統一王者ジョシュ・テイラー(英)が君臨している。

“タンク”デービスがライト級に留まる決意を固めたのは今後ヤングジェネレーションと呼ばれる相手との対決を念頭に置いているからだといわれる。クルス戦の後、早くも前WBC暫定王者ライアン・ガルシア(米)とのトークバトルが再び過熱している。Photo by SUMIO YAMADA

Related

関連記事