June
22
Saturday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

29°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 札幌で第1回フレッシュボクシング 中学1、2年生男女が熱戦

札幌で第1回フレッシュボクシング 中学1、2年生男女が熱戦

2022年3月26日 22時40分

 第33回全国高校ボクシング選抜大会に続いて26日、札幌市の北ガスアリーナ札幌46(札幌市中央体育館)で第1回全日本フレッシュボクシング大会の準決勝44試合が行われた。中学1、2年生男女が参加、夏の全日本UJ王座決定戦シード選手決定戦も兼ねている。

男子45キロ級、川井(右)の右がヒット

 女子48キロ級は小山田莉菜(関東・安中第一)が中道仁葉(北信越・至民)に2回RSC勝ち、シードでこれまでUJ無敗の三木姫愛(関西・福泉)と春の女王を争う。

 男子も熱戦続きで、36キロ級梶田一楽(四国・三津浜)、39キロ級谷川壽蓮(関東・金目)、42キロ級山田心(九州・日章学園)、45キロ級は原田兼碁(関西・潮見)、川井丈輔(関西・大宮)が勝ち進んだ。

 48キロ級はサウスポーの片岡叶夢(関東・臼井)、51キロ級は遠藤空我(関西・久世)が安定した強さを発揮した。57キロ級は藤原壱哲(関西・和田)が強打で2回RSC勝ち、最重量の64キロ級は太田成恒(九州・大和)がパワーで3回RSC勝ちした。
最終日の27日は決勝が行われる。

Related article
関連記事