June
17
Monday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

25°C Rain
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > ウェルター級2冠スペンスが完全復活約束 パッキャオに引導渡したウガスと3団体統一戦迫る

ウェルター級2冠スペンスが完全復活約束 パッキャオに引導渡したウガスと3団体統一戦迫る

2022年4月15日 9時30分

 今週土曜日16日(日本時間17日)米テキサス州アーリントンのAT&Tスタジアムでゴングとなるウェルター級3団体統一タイトルマッチの最終会見が14日、同スタジアムで開催された。地元リング登場となるIBF&WBC統一王者エロール・スペンスJr(米)と昨年マニー・パッキャオに引導を渡したWBAスーパー王者ヨルデニス・ウガス(キューバ)の一戦。注目の対決を前に両者は好ファイトと勝利を誓った。

 自動車事故で九死に一生を得たあと復帰。その後眼疾(網膜裂孔)でパッキャオとのビッグファイトを流したスペンスは1年4ヵ月ぶりのリング。「ウガスは向かってくる選手で彼のコーチには素晴らしい作戦がある。でも土曜日、私はグレートなパフォーマンスを披露してWBAベルトをコレクションする」と名トレーナー、イスマエル・サラス氏に指導されるウガスをリスペクトしながらも勝利を約束した。

 気になるコンディションに関しても「私は事故と負傷に見舞われる前と同じ男に戻った。むしろショーン・ポーターやダニー・ガルシアと戦った時よりも体調はベターだ」と復調をアピール。そして「試合はフルラウンドの戦いにはならないだろう」と4試合ぶりのストップ勝ちに意欲を見せた。

 一方、パッキャオを破り王座を防衛、一躍スポットライトを浴びたウガスは「スペンスはノックアウトを約束した。私は勝利を約束する」と2試合連続のビッグネーム撃破を確約。「ファンは私のストーリーを知っている。2016年、私は15勝3敗。そこからエリートが競い合うクラスで実績を築いた。私は6、7歳の子供の頃から戦う術を学んできた。ステージは大きいけど、やることはこれまでの試合と変わらない」と平常心で臨む姿勢を強調した。

 トレーナー対決も見もの。スペンスをコーチするデリック・ジェームス・トレーナーは「ウガスの試合をじっくり観た。彼はパンチを放つ時、ある傾向や癖がある」と分析。同時にキューバ人のハートの強さを警戒する。

 対するサラス・トレーナーは「ウガスは100パーセントに仕上がった。スペンスはフィジカル面が完ぺきでメンタル面もストロング。でもウガスにはカウンターという武器がある」と愛弟子をバックアップ。そして「パッキャオに勝ったようにサウスポーを得意にしている」とつけ加えた。Photos from Amanda Westcott/SHOWTIME®

Related article
関連記事