日本語

Home > ニュース > 予想はチャーロやや有利、あすカスターニョとS・ウェルター級4団体統一リマッチ
ニュース

2022年5月14日 土曜日

予想はチャーロやや有利、あすカスターニョとS・ウェルター級4団体統一リマッチ

 初戦が三者三様のドローに終わったS・ウェルター級4団体統一戦の再戦が明日14日(日本時間15日)、米カリフォルニア州カーソンのディグニティ・ヘルス・スポーツパークで行われる。13日に行われた計量でWBC&IBF&WBAスーパー統一王者ジャーメル・チャーロ(米)が152.8ポンド(69.31キロ)、WBO王者ブライアン・カスターニョ(アルゼンチン)が153.8キロ(69.76キロ)をマーク。リミットの154ポンドをクリアした。

チャーロ(左)か、カスターニョか

 昨年7月、米サンアントニオで行われた第1戦は両者が強打を交換する激戦。114-114、117-111(チャーロ)、114-113(カスターニョ)でドローとなった。スコアカードはカスターニョが優勢だったという声が多いが、よりダメージを与えたのはチャーロだった。試合が締結するまでに両者の駆け引きもあり、ペース争いが注目される。目の離せない一戦になりそうだ。オッズはおよそ2-1でチャーロ有利と出ている。

ウェルター級王者候補エニス(左)はクレイトンと対戦

 セミではウェルター級の王者候補ジャロン・エニス(米=IBF3位)がカスティオ・クレイトン(カナダ=IBF6位)とIBFウェルター級1位決定戦を行う。エニスは146.2ポンド(66.31キロ)、クレイトンは146.6ポンド(66.50キロ)でリミット147ポンドを合格した。

 明日はこのイベントのほか、オンタリオのラミレスvs.ボーゼル、ザ・フォーラムでセルゲイ・コバレフのクルーザー級転向戦もあり、ロサンゼルス周辺で3つの興行が開催される。Photos from Stephanie Trapp/SHOWTIME

Related

関連記事