日本語

Home > ニュース > 4月は元世界王者撃破の佐川遼がMVP、敢闘賞が新日本王者の川崎真琴、4連勝の武居由樹は新鋭賞
ニュース

2022年5月14日 土曜日

4月は元世界王者撃破の佐川遼がMVP、敢闘賞が新日本王者の川崎真琴、4連勝の武居由樹は新鋭賞

 東日本ボクシング協会月間賞選考委員会は14日、4月の月間三賞を発表。最優秀選手賞にはIBFフェザー級9の佐川遼(三迫)が選ばれた。

佐川は元世界王者の久保に快勝

 前日本チャンピオンでもある佐川は12日、ノンタイトル8回戦で元WBA・S・バンタム級王者の久保隼(真正)と対戦。3回に強烈な右ストレートで久保に10カウントを聞かせた。

悲願の日本タイトルを獲得した川崎

 敢闘賞は日本S・ウェルター級新王者となった川崎真琴(RK蒲田)が選ばれた。川崎は越川孝紀(一力)との王座決定戦に判定勝ち。37歳にして初のベルトを腰に巻いた。

デビュー以来、圧勝を続ける武居

 新鋭賞は元K-1王者の武居由樹(大橋)。デビューから3連続初回KO勝ちのセンセーション、武居は4戦目で日本S・バンタム級16位の河村真吾(堺春木)に2回TKO勝ち。鮮やかな右フックでまたしてもインパクトのある勝利をマークした。

Related

関連記事