日本語

Home > ニュース > DANGAN250回記念興行 注目メインはフェザー級戦、丸田陽七太の防衛か、阿部麗也の王座奪取か
ニュース

2022年5月14日 土曜日

DANGAN250回記念興行 注目メインはフェザー級戦、丸田陽七太の防衛か、阿部麗也の王座奪取か

 あす15日、東京・墨田区総合体育館で開催される「DANGAN250」の計量が14日都内で行われた。メインのフェザー級2冠戦は、日本王者の丸田陽七太(森岡)が56.8キロ、挑戦者の阿部麗也(KG大和)が57.0キロで合格した。

丸田(左)と阿部。WBOアジアパシフィック王座もかけられる

 IBF6位、WBC8位、WBO10位のランクされる丸田(25=12勝9KO1敗1分)は日本王座の2度目の防衛戦。難敵の阿部を叩いてステップアップを目指している。

 IBF10位のサウスポー阿部(29=22勝10KO3敗1分)はこれが3度目の日本タイトル挑戦。3度目の正直を実現させて“天才”をアピールしたいところだ。試合は空位のWBOアジアパシフィック王座もかけられる。

力石(左)と渡邉はOPBF王座をかけて対戦

 セミのOPBF・S・フェザー級王座決定戦は渡邉卓也(DANGAN AOKI)がリミットの58.0キロ、力石政法(緑)が58.8キロであすの試合に進んだ。元WBOアジアパシフィック王者でプロ50戦目を迎える渡邉と、タイトル初挑戦のサウスポー力石という興味深いマッチアップとなった。

 もう一つのタイトルマッチはOPBF女子ミニマム級タイトルマッチで、王者の千本瑞規(ワタナベ)が長井香織(真正)を迎え撃つ。千本(28=3勝1KO)はプロ3戦にして日本、OPBFタイトルをコレクトしたホープ。元日本王者の長井(32=6勝2KO3敗3分)は2本目のベルト獲得を狙う。

 6選手のストーリーと試合にかける意気込みはDANGAN noteから。
丸田陽七太→ https://note.com/dangan_box/n/n99a72f8227da
阿部麗也→ https://note.com/dangan_box/n/n0b9c8c8add27
渡邉卓也→ https://note.com/dangan_box/n/n5f6c143e0aaf
力石政法→ https://note.com/dangan_box/n/nb794b9b0f680
千本瑞規→ https://note.com/dangan_box/n/n64ebb17d2084
長井香織→ https://note.com/dangan_box/n/nc8a2a2f45956

Related

関連記事