April
15
Monday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

23°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > S・ウェルター級4団体統一のチャーロ弟 次戦は伝説ボクサーの二世か、タワーリング・インフェルノか?

S・ウェルター級4団体統一のチャーロ弟 次戦は伝説ボクサーの二世か、タワーリング・インフェルノか?

2022年5月17日 11時09分

 双子世界王者の弟ジャーメル・チャーロ(米=写真)が14日、WBO王者ブライアン・カスターニョ(アルゼンチン)とのリマッチを10回KO勝ちで制しS・ウェルター級4団体統一に成功した。頂点に立ったチャーロに対し、早くもその首を狙う挑戦者が吠え始めている。S・ウェルター級の今後の行方を占った。

 チャーロ(35勝19KO1敗1分)の次期挑戦者として名前が挙がるのはWBO指名挑戦者のティム・チューだ。殿堂入りボクサー、コンスタンチン・チューを父の持つサラブレッドはデビューから21連勝(15KO)をマーク。既にオーストラリアではスター選手で、3月には米国デビューを果たして地ならしもしている。

 両者は今回の試合前からリング外でやり合っており、チャーロの勝利をリングサイドで見届けたチューは「彼はとても無礼な男なので好きではない」とした上で、「もしダンスパートナーがほしいなら私はここにいる。私は指名挑戦者だ。彼は私と戦うか、ベルトを返上するかしかない」とフォックススポーツに語った。

 もう一人の候補者は身長197センチの“タワーリング・インフェルノ”セバスチャン・フンドラ(米=19勝13KO1分)だ。こちらは4月にエリクソン・ルービン(米)とのWBC暫定王座決定戦に勝利。チャーロに挑戦できるポジションを獲得した。

 ベルトを増やせば指名試合も増えるのは当然のこと。一方で史上7人目となる4団体統一という偉業を成し遂げたチャーロは「私はレジェンドだ」と発言しており、頭角を現してきたばかりのボクサーにやすやすと指名されたくないという思いも伝わってくる。いずれにしても試合をしなければ王座は守れない。チャーロの次なる選択に注目が集まる。Photo by SUMIO YAMADA

Related article
関連記事