日本語

Home > ニュース > ビッグマッチ実現アピールなるか? カネロ挑戦に向けベナビデスがレミューと元王者対決
ニュース

2022年5月20日 金曜日

ビッグマッチ実現アピールなるか? カネロ挑戦に向けベナビデスがレミューと元王者対決

 21日(日本時間22日)米アリゾナ州グレンデールでゴングが鳴るWBC・S・ミドル級1位デビッド・ベナビデス(米)vs.同級2位デビッド・レミュー(カナダ)の最終会見が19日、会場となるヒラ・リバー・アリーナで行われた。試合はWBC・S・ミドル級暫定王座決定戦として行われる。

試合はWBC・S・ミドル級暫定王座決定戦として行われる

 WBC・S・ミドル級王座に2度就いたベナビデス(25)はファンやメディアから同級正規王者で4団体統一王者のカネロ・アルバレスのライバルとして期待されており、印象的な勝利を飾って挑戦をアピールしたいところだ。

ベナビデス

「練習でスパーリングを重ねウエートもすでに落ちている。我々2人はたくさんのノックアウト勝ちを誇るからファンに激闘を保証できる。どちらも判定決着は望んでいない。ファンはノックアウトを見たくて高い金を払うから彼らを満足させる試合を披露したい」とコメント。ベナビデスにはジャモール・チャーロ(WBCミドル級王者)らとの対決も話題に上がる。

 ベナビデス(25勝22KO無敗)は地元のメジャーリーグ、アリゾナ・ダイヤモンドバックスの試合で始球式を行い、イベントの宣伝に一役買った。

レミュー

 一方、元IBFミドル級王者レミュー(43勝36KO4敗)は「彼も私もラウンドを重ねる気持ちはない。私はノックアウト・パワーを兼備している。彼はブギーマン(相手から対戦を拒否される強豪)と呼ばれるけど気にならない。私は誰とでも戦うし、もう一度チャンピオンに就く願望がある」と力を込めた。

 セミではWBA・S・ウェルター級6位ヨエルビス・ゴメス(キューバ)がホルヘ・コタ(メキシコ)と10回戦。有料チャンネルのショータイムが全米に中継する。Photos from Esther Lin/SHOWTIME

Related

関連記事