April
16
Tuesday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

19°C Clear
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 寺地拳四朗が井上尚弥の3団体統一に刺激「京口紘人と今年中に統一戦を」

寺地拳四朗が井上尚弥の3団体統一に刺激「京口紘人と今年中に統一戦を」

2022年6月8日 23時07分

 WBC世界L・フライ級王者、寺地拳四朗(30=BMB)の王座復帰祝勝会が8日、京都市のホテルグランヴィア京都で西脇隆俊・京都府知事、地元市長、議員、商業団体役員ら後援会の210人が集まり盛大に行われた。

ソフトテニス日本代表の中川瑞貴から祝福される寺地

 寺地はWBA世界L・フライ級スーパー王者、京口紘人(28=ワタナベ)の王座統一戦に目標を絞っていることを明言。「今回のタイトル奪回はいままで勝った中で一番うれしい。統一戦という夢に向かっていき、いずれ4団体王者になって4本のチャンピオンベルトをお見せします」と笑顔で公約した。

 祝勝会では、後援会長の安道光二・ワタキューセイモア会長が「KO勝ちおめでとう。強い、強いチャンピオンが戻ってきました。苦悩の日々を乗り越え、地獄からはいあがった拳四朗劇場の第二章が楽しみです」と寺地に激励賞を贈った。続いて強豪のワタキューセイモア軟式テニス部のエース・中川瑞貴さんが花束を手渡した。

 西脇京都府知事が「矢吹選手との再戦はインファイトスタイルで戦いKO勝ちした。レベルが高い人ほどスタイルは変えられないと思うが、思い切って変えたその努力はすばらしい」とたたえ、拳四朗一家が住む城陽市の奥田敏晴市長も「さらに活躍してください」あいさつ、BMBジムがある宇治市の松村淳子市長の発声で乾杯した。

祝勝会には芸妓さんも登場

 寺地は7日、さいたまスーパーアリーナで開催された世界バンタム級3団体王者統一戦を20万円の席で観戦。井上尚弥(大橋)がノニト・ドネア(フィリピン)を2回TKOした試合を目に焼き付けた。「ドネアにあそこまで完勝するとは」と井上王者の強さに驚き、「会場の雰囲気がすごかったし、ああいう試合をしたい」と統一戦への思いはさらに強まった。

 統一戦のターゲット、京口は10日(日本時間は11日)にメキシコで正規王者エステバン・ベルムデス(メキシコ)と防衛戦を控えている。拳四朗の父寺地永・BMBジム会長は「京口が勝った場合は、山下正人・真正ジム会長に交渉を任せて、秋か年内に大阪でWBCとWBAの王座統一戦を開催したい」と語り、ビッグマッチが実現に動き出しそうだ。

Related article
関連記事