June
17
Monday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

26°C Rain
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 8.26初タイトル戦の武居由樹、大物ホープ今永虎雅が福岡県糸島で“八重トレ”合宿

8.26初タイトル戦の武居由樹、大物ホープ今永虎雅が福岡県糸島で“八重トレ”合宿

2022年7月1日 15時20分

 8月26日にOPBF東洋太平洋S・バンタム級タイトルマッチが決定している元K-1王者の武居由樹(大橋)が福岡県糸島でキャンプイン。その模様が大橋ジムから届いた。

砂浜でトレーニングする武居

 合宿に参加したのは八重樫東トレーナー門下の武居と、先日デビュー戦を終えたばかりの高校8冠王者今永虎雅、8月2日に新人王予選を控える石井武志の3人。3選手は炎天下の中、砂浜などでハードなトレーニングに励んでいる。

左から武居、今永、石井

 K-1王者からボクシングに転向し、デビューから4連続KO勝ちをマークしている武居は8月26日、後楽園ホール「フェニックスバトル」でOPBF・S・バンタム級王者ペテ・アポリナル(フィリピン=16勝10KO2敗)に挑戦する。武居にとってボクシングで初のタイトルマッチだ。写真=大橋ジム提供

Related article
関連記事