April
16
Tuesday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

19°C Clear
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > バンタム級4団体統一目指す井上尚弥の標的、WBO王者バトラーが練習再開

バンタム級4団体統一目指す井上尚弥の標的、WBO王者バトラーが練習再開

2022年7月6日 9時31分

 井上尚弥(大橋)とのバンタム級4団体統一戦が期待されているWBO王者ポール・バトラー(英)がトレーニングを再開したとのニュース。バトラーとプロモーション契約を結ぶプロベラムがホームページで伝えた。

こちらは先月、ドネアを下した井上

 それによるとバトラーは「私は現在、ジムに戻ってコーチのジョー・ギャラハーと週5日、1日1回のセッションに励んでいる。完全な練習を始める前にフィットネスの基盤を築いている」と現状を説明。統一戦に関しては「まだ井上の研究は始めていないが、試合が決まれば彼の存在が私の心を占めるだろう」とコメントしている。

 また記事は、井上が比類なきチャンピオンになりたいのであれば、モンスターはイギリスで戦う準備をする必要がある――とバトラーが主張しているとも掲載した。両陣営は現在、4団体統一戦の実現に向けて交渉を進めている。井上側は年内の実現を希望している。

 バトラーは4月、英国リバプールでジョナス・スルタン(フィリピン)に判定勝ちWBO暫定王座を獲得。その後、ジョンリール・カシメロ(フィリピン)の王座はく奪に伴い正規王者に昇格した。井上は先月、ノニト・ドネア(フィリピン)を2回TKOで下して3団体統一に成功した。

Related article
関連記事