日本語

Home > ニュース > 東日本協会がJBCに要望決定 新人王決勝進出C級選手のB級テスト受験資格
ニュース

2022年7月20日 水曜日

東日本協会がJBCに要望決定 新人王決勝進出C級選手のB級テスト受験資格

 東日本ボクシング協会(小林昭司協会長)の理事会が20日、都内で行われ、東日本新人王決勝に進出したC級ボクサーがB級テストを受験できるようにJBC(日本ボクシングコミッション)に要望することなどを決めた。

 C級からB級への昇格には4勝以上が必要だが、東日本協会によると、東日本新人王決勝戦に残った選手はB級レベル相当の力量であるとして、B級テストの受験資格を得られるようにしたい希望がある。これはあくまで東日本地区に限ったものという。

 ほか、この日の理事会では、来年のチャンピオン・カーニバル出場権をかけた“最強挑戦者決定戦”のカードが6階級で成立したことも報告された。最新の日本ランキングを基に各級上位者から声をかけて決めているもの。残りの階級もすでに打診済みで、返答を待っている状態だという。

 先月の日本バンタム級戦を最後に終了した今年のチャンピオン・カーニバルについては、恒例の「4賞選考会」を近く開くこと。またジュニア・チャンピオンズ・リーグの東日本決勝が8月7日に東京・駿台学園高校にて行われることもあわせて報告された。

Related

関連記事