日本語

Home > ニュース > 柔道金メダリストの格闘家イシイ ボクシング・デビュー辛勝も「楽しかった」
ニュース

2022年8月15日 月曜日

柔道金メダリストの格闘家イシイ ボクシング・デビュー辛勝も「楽しかった」

 14日の亀田興毅プローターの「3150FIGHT(サイコーファイト)Vol.3」(エディオンアリーナ大阪)の前座で異色のヘビー級4回戦が行われた。2008年の北京五輪柔道100キロ超級金メダリストでプロ格闘家として試合をこなしてきた石井慧がサトシ・イシイのリング名でボクシング・デビュー。国籍のあるクロアチアのプロライセンスを所持しているとして、日本のジムに所属せずにリングに上がった。

試合後は「餅は餅屋ですね」と苦笑いだったイシイ

 この日は1勝1KO勝ちの高山秀峰(スパイダー根本)と対戦。サウスポー・スタイルから初回に鋭い左フックを決めて好スタートを切ったが、逆に高山の右フックを受けて効かされ、その後は決定打もないまま揉み合いのような場面が続いた。

 結局2-0判定で辛くも初陣を飾ったが、「餅屋は餅屋ですね」と苦笑。それでも「ボクシングは楽しかった。世界チャンピオンは無理でも、子供にボクシングをやらせたい」と感想を語っていた。

イシイは苦しみながらも初陣を飾った

 イシイ(35歳)は今後も格闘家として戦い続けるつもりだが、ボクシングに関しては規則でボクシング・ライセンス以外のプロスポーツのライセンスを同時に所持することはできない。「JBCのご理解を得て……」と希望をもらしていたが、規則が変わらない限り、外国に活躍の場を探さない限り、ボクサー・イシイの今後は明るくなさそう。

Related

関連記事